​研究 Research

【Since 2019】

​Usefulness of a simulated experience method for transfer assistance for hemiplegia or limited range of motion in multiple joints.Journal of physical therapy science  32(8): 541-544,2020

変形性膝関節症患者における当院ホームエクササイズプログラムの効果-年齢および重症度による検証- 常葉大学健康科学部研究報告集 7(1) 43 - 53 2020

IDストレッチング及びアクティブIDストレッチングがジャンプパフォーマンスに及ぼす影響-筋リラクセーション効果の視点を踏まえて- 理学療法科学 34(6):783-788,2019

Usefulness of simulation method to improve efficiency of chair-to-wheelchair transfer of patients performed by caregivers.Journal of physical therapy science  31(10): 802-806,2019

・ダイナミックストレッチングとスタティックストレッチングを組み合わせたときの関節可動域と筋出力の変化.第6回 日本スポーツ理学療法学会学術大会 2019.12.8

・吸湿・消臭機能を活かしたパーム・デオドラント 『にぎるっ茶』の開発.日本福祉工学会 第23回学術講演会   2019.11.23

・変形性膝関節症患者に対する当院ホームエクササイズプログラムが身体機能に及ぼす影響.第23回静岡県理学療法士学会   2019.6.15 

<進行中の共同研究プロジェクト>

メンタルプラクティスの効果を高めるニューロフィードバック方法の開発.常葉大学共同研究: 

研究期間: 2020年4月 - 2023年3月    代表者: 梅野和也

・動作分析ツールの開発からボクシングにおけるスポーツ傷害一次予防に向けた基礎的研究.常葉大学共同研究: 

研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 中村浩一

・リハビリテーション医学に基づく消臭・吸湿性機能を備えた手掌用介護用品の商品化に向けて.静岡県: 2019年度地域課題に関わる産学共同研究委託事業:研究期間: 2019年4月 - 2020年3月  代表者: 山梨宏之

 

TEL 054-297-3200(代)

FAX 054‐297‐3213

〒420-0831 静岡県静岡市葵区水落町1番30号 常葉大学 健康科学部 静岡水落キャンパス 本館6F 中村研究室

Copyright © 2019 C&P Lab, Tokoha University All Rihgts Reserved.